エネコム

課題
ルーティン業務の工数削減
業種
電気、ガス、水道業

中国電力株式会社

中国電力株式会社

人手で行っていた作業をロボットに処理させることで、
作業時間の短縮、作業ミスの削減を実現

契約情報連携業務

現行業務の課題
ExcelからCSVに加工するルーティンワークを毎月手作業で実施しており、担当者の作業負荷となっているとともに、作業ミスの懸念がある。
手動
ロボット

業務の流れ 1

業務の流れ 1

ロボット化
による効果

導入により作業時間が10%程度まで削減

●担当者が手作業で行っていた作業をロボットに置き換えることが出来たため、作業ミスが削減された。
●ロボット実行により担当者の作業時間が1割以下に短縮された。

担当者は手作業でExcelからCSVファイルに加工しており、作業ミスを起こす可能性があったが、ロボットにより実行することで、作業ミスの削減が見込める。

単価マスタ改定業務

現行業務の課題
ExcelからCSVに加工するルーティンワークを毎月手作業で実施しており、担当者の作業負荷となっているとともに、作業ミスの懸念がある。
手動
ロボット

業務の流れ 2

業務の流れ 2

ロボット化
による効果

導入により作業時間が1.6%程度まで削減

●現行業務をロボット化したところ、処理時間が大幅に短縮された。
●ロボット実行により単純ミスがなくなるため、エラーとなったデータのみの確認となり、確認作業の時間短縮。

ロボット実行によりシステムへの転記ミス及び、作業者によるチェック漏れの削減が見込める。
当該業務は1回の処理で数百件を超えるデータを修正する必要があるにもかかわらず、システムへの入力期間に制限がある。そのため、担当者は休日出勤し対応することもあり、精神的な負担となっていたが、ロボットに処理を代行させることで、作業者の負担軽減が見込める。

ページの上部へ